2012年1月19日

Ubuntuでランチャのアイコンを移動

ひょんなことから、古くなったPCにUbuntu(ウブントゥ)をインストールしました。

Ubuntu(ウブントゥ) は、見た目がキレイで、かっちょいいことで人気のLinuxディストリビューションです。

インストール方法は、ISOイメージをダウンロードして、CDに焼く。

あとはそのCDからブートすればOK。

というとても簡単なものです。

10年以上前にFreeBSDとかを、リファレンス片手にコマンド叩きながら。。。のころ以来のインストール作業だったので、まさに隔世の感がありました。

インストールもさることながら、apacheやPHPなどの環境構築もとても簡単。

さらには、Dropboxも使えたりして、ものすごく便利です。

そして何より見た目がかっこいい。Windowsのいもくさい感じでもなく、Macほど尖ってもなく、私にはちょうどいい感じでした。

そっち方面に興味あるひとは、ぜひお試しください。

さて、本題。

Windowsでいうタスクバー的なものに、ランチャーってのがあるのですが、そのアイコンの順番が変えられずにちょっと悩んだので備忘録。

方法は簡単でした。

1。アイコンを長くクリック

2。アイコンが下か上かに少しピコっと動くので、そうしたら上下にドラッグ

これだけですが、Windowsユーザの私には、長押しという感覚がなくて、ちょっと迷いました。

みんなはそれほどでもないみたいで、検索しても出てこなかったりだったので、備忘録。

 

2011年10月14日

iPhoneアプリ開発のカタチ

iPhoneアプリ(というかスマートフォンアプリ)を、HTML+CSS+Javascript というWebアプリケーション技術で開発するというもの。
Webアプリ関連のライブラリやHTML5の技術などを活用して、iPhoneアプリとほぼ同等のものをWebアプリで実現してしまうための本です。ただWebサイトを構築するだけでなくオフライン時の動作なども載っているのでホントにアプリ開発って感じです。
またWebアプリとして開発したプログラムを、PhoneGapという開発ツールをつかってWEBアプリケーションをデバイスにインストールできるカタチのいわゆるネイティブアプリケーション化(この言葉初めて知った。。。(汗))してしまうという大技も載っており非常に勉強になりました。

Webプログラマーにとって、この技術はなかなか興味深いものです。なにしろHTMLの出力を基本としたWebの技術はどのスマートフォンでも共通であるわけなので、iPhone用、Android用、はたまたWindowsモバイル用(だっけ?)、、なんつって個別のアプリケーション開発がいらないわけです。

また、たぶんだけど開発工数などもものすごく削減できそう。

もちろん、デバイス特有の機能を活用したりといった事には制約はうけると思いますが、クラウドやWebアプリの開発時に操作端末としてスマートフォン用にちょっとしたアプリを入れたいという要望は、よくあると思いますので、そんなときはこの技術やくにたつのではと思います。

やばい、なんか作りたくなってきたけど、今の仕事がひと段落するまでガマン、ガマン、、、な今日この頃。

2011年9月16日

apacheの再起動をわすれずに。。。。

ひょんな事から、XAMPP環境での PHPからMS SQLServerへの接続をすることに。

ちょうどPEARのDBが入っていたので、いつものようにして、dsnの一番左側のあれを mssql とすればつながるだろうと思ったけど。。。エラー
いろいろ調べて、恥ずかしい失敗をしたあげく、ようやく繋げることができたので備忘録

1.XAMPP環境で SQLServerとPHPをつなげるときには、ntwdblib.dll のバージョンアップが必要。(ちょっと古いXAMPPだったので、新しいやつだとOKかも?)
  これは、検索するといろいろ出てくるので、ダウンロードして上書きするだけ。

2.dsn の書き方で迷ったのがDBサーバ名

mssql://username:password@hostspec/database_name

とやるんだけど、 SQL Serverのサーバ名が ●●●\▲▲▲  ←といったかんじでサーバ名とインスタンス名がバックスラッシュで区切られていました。バックスラッシュをそのまま書いていいものかどうか?と悩みましたが、結局そのままOKだったようです。(実際にはWindows環境なので、円マークでしたが)

さて、気を付ける点は以上の2点なんですが、これらをやってもつながらない。
コードを見直したり、コントロールパネルから、ODBCの設定しなおしてみてもつながらない。。。

さんざん迷った挙句、ふと、上記1の dllを更新したあとに、apacheの再起動をしていないことに気づいて、、、、、、やったら問題なくできましたとさ。。。メデタシメデタシ

多分、サーバいじる人にとっては、何かをやったら再起動。。当たり前のことなのだけど
普段、レンタルサーバなど出来上がった環境での、Web周りのことをやっていると、こういう初歩的な事が、身についていなくて。。反省でした。

2011年8月1日

WordPressで下書きプレビューができない その2

以前にWordpressで下書きがプレビューできない件を書いたけど、
http://www.genki-works.com/?p=236

とりかかっている案件で同じ症状がでたので、上記の方法を試した。。。けどダメだったので。また備忘録。

今回の原因は、クッキーでした。

私の場合は、Wrodpressをテスト用のディレクトリで開発して、出来上がったら公開用ディレクトリに移す場合が多い(リニューアルの時とか)んだけど、Wordpressのファイルを移動させた後に、プレビューできなくなった。

で、結果は、クッキーを削除したらプレビューできました。

ようするに、下書き閲覧はログインしていないとできないんだけど、そのチェックをクッキーで行っていて、さらには移転前のディレクトリ(URI?)がクッキーに記録されているとかそんな感じなんだと思う。

クッキーを削除すればよかっただけなのに、何時間も嵌ってしまった。。。

2011年6月7日

テキストファイルのBOMに嵌った

WordPressの移転作業をしていて嵌ったので備忘録。

他サーバからサクラインターネットのレンタルサーバへWordpressの移転作業を行った。
1.DBのエクスポート→URL部分を置き換え→ 新サーバへインポート
2.ファイルのダウンロード→ wp-config書き換え → 新サーバへアップロード

と、いつもはこれでOKなハズだけど、今回はなぜか管理画面が真っ白に。
トップページは通常に表示されるんだけど。。。

いったい何が。。と思い、データベースの中身から、テーマからいろいろ探したけれど原因が見つからない。
と思ったら。。。
http://ja.forums.wordpress.org/topic/71
↑ここの載ってた。

テキストファイルのBOMというやつ。
サクラエディタを使って編集したんだけど、名前を付けて保存ダイアログに、小さくBOMのチェックボックスがあって、それにチェックが入っていた。

先日PC買い換えて新しくインストールしたので、デフォルトの設定になっていたのか、もしくは何かの拍子にチェックを付けてしまったのか。。。

いずれにせよ、BOMつきのテキストファイルがいろいろ悪さするって事は知っていたけど、いままで実被害にはあったことがなかったのであんまり気にしなかった。

知っていても気が回らない。頭が固くなってきたのかなと反省。

2011年3月17日

開発者だからできること。Googleの安否確認データベース

このたびの災害に見舞われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

地震発生直後にGoogleが安否確認用サイトを立ち上げました。未確認ですが震災発生後1~2時間で立ち上がってきたものと思います。
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja
また避難所の安否情報を画像で共有するという取り組み開始されました。
http://picasaweb.google.com/tohoku.anpi

いろいろな思惑もあるのでしょうが、彼らの取り組みの迅速さ柔軟さには頭が下がります。

これらの情報が必要で、かつネットを使える環境の人は限られると思いますので、周りの人がサポートしたりして活用していかないといけませんが、そのためにも情報を集約する事が大切です。

このような情勢では、「自分にできることを」と皆が思います。我々IT関連の業界では「自分たちのチカラを活かして。。。」と考えるのも無理のない事です。
だからといって、俺も俺もと同じようなサービスを開発・公開してしまえば、安否確認サービスが乱立し、本当に安否確認をしたい人にかえって繁雑な作業を強いることになるかもしれません。

そんな事を考えていたら、Googleはやっぱり一歩も二歩も先を行っていました。

安否確認の情報をAPIで提供してくれているのです。
Google Person Finder API のドキュメンテーション(翻訳)
http://googledevjp.blogspot.com/2011/03/google-person-finder-api.html

とても簡単な手順で、person-finderの情報を検索したり登録できるようになっております。

今、自分の技術を活かして何かをしたいと考えているIT開発者のみなさん。
このAPIを活用して、person-finder に情報を集約させましょう。

もっと使い方をわかりやすくしたり、お年寄りや子どもでも使えるインターフェースにしたり。
登録に関しても、デマ情報などをフィルタリングする機能を付けたり、
間口を広げたり、データを精査したり。できる事はたくさんあると思います。

開発者のみなさん、ぜひともこのAPIを利用しましょう。

2011年3月10日

facebookコメントで失敗する

やってしまいました。
先日、興味本位から、ブログのコメント欄をfacebookのソーシャルプラグイン 「Comments」にしました。。。

しかし実際に運用してみると、寄せていただいたコメントが、全てのページに表示されてしまいます。

これじゃあ、記事コメントの意味ないじゃん。

とコードを見直すと、なぜかfacebook DEVELOPERS で発行したはずのコード内で
href=”自分URL”
の部分がすっかり抜け落ちているではありませんか!

本来はそこに、記事のURL(URIかな?)を書くことで、どの記事に寄せられたコメントかを識別している(のだと思う)のに、それが全くないので、何の記事によせられたコメントなのかわからない。。という事。
多分、記事毎にURLが入るようにコードをいじっている途中に、間違ってしまったんだと思う。

と、まあここまでは良かったのだけど、「じゃあ、修正しよう」と、気軽に修正したら、いままで書いていただいたコメントがどこかにいってしまった。。。
記事毎のコメント欄をID化したのだから、考えてみれば当たり前な事です。

今までコメントを寄せていただいた皆様。
申し訳ございませんでした。

今度は大丈夫と思います。
もしお手すきでしたら、またコメントしてやってください。

CSS3とjQueryで丸を動かす実験をしてみた。

CSS3の角丸表現と、jQueryとかを合わせると、いろいろできそうだなぁ。。。と思って実験してみました。

四角をクリックすると、丸に変わります。なんか動きが気持ち悪いけど。。

もっとうまくやれば綺麗に変化すると思います。。。

もちろんIEには対応しておりませんので、Firefoxとか、 chromeとかでお願いしますね。

やっぱし、chromeが一番スムーズに動くっぽいですねぇ。

WordPressで下書きプレビューができない

WordPressをいじっていて嵌ったので備忘録

投稿を書いていて、途中でどんなか見てみたかったので「下書きとして保存」をした後に「プレビュー」。
ところが、404.phpの内容が表示されてしまい、下書きが見れない。

「WordPress 下書き プレビュー 見れない」 などのキーワードで検索しいろいろと調べたのだけど、どれも自分の症状とあわなかったり、試しても解決しなかったりで、相当困った。

そこで、他のサーバに全く同じ環境をつくり、一つ一つ原因を検査した結果なんとか解決できた。

続きを読む。。。

2011年3月4日

プラグインディレクトリに登録 / yt_EachUser

先日、恐る恐る公開させていただいたプラグインですが、調子に乗ってWordPressプラグインディレクトリに登録させていただきました。
基本英語のできない私ですが、いろいろな方の情報に助けられて、とりあえずは登録完了。

【参考サイト】
WordPress.orgのプラグインディレクトリに自作プラグインを登録する方法(Windowsユーザー向け、TortoiseSVN使用)

手順を追ってとても丁寧に解説してくださっているので、はじめてのsubversionでしたが、問題なくできたようです。

ただし、やっぱりというかなんというか、英語がわからないので readme.txt が書けません。
頑張ってやっては見ましたが、恥ずかしい事になっていると思われる。今日この頃。

あと、プラグインの名前の付け方とか、いろいろ流儀にはんしている部分もあるやもしれませんが、今後ともよろしく。ということで。

Plugin Directory / yt_EachUser
http://wordpress.org/extend/plugins/yt-eachuser/