2011年4月26日

「江」の子どもをめぐる謎を長岡から解き明かすWeb小説

地元メディアではかなり有名な長岡の歴史の大家「稲川明雄氏」が、長岡の歴史研究の末にたどり着いた一つの物語。
NHKの大河ドラマでもおなじみの徳川二代将軍秀忠の正室「お江」こと崇源院の五女、東福門院和子が、長岡城下町発展と大きく関係しているとか。。。
さらには、江戸幕府初期の朝廷政策・宗教政策に深く関与したといわれる謎の僧「天海」なども絡んでの、壮大なストーリーがWeb小説として無料で公開されています。

花の乱 | 江の五女・東福門院和子をめぐる謎
http://www.hananoran.jp/

そんなプロジェクトに、若干ですがボランティアで関わらせていただきました。
長岡の歴史は実は奥が深く、それが今話題の「江」と密接にかかわっている。さらにはそれをWeb小説として無料で公開。なかなか面白いプロジェクトです。
プロジェクト発起人が稲川先生の原稿を手仕事で入力していますので、少しずつの更新ですが、注目いただきたいプロジェクトです。

※なんて書いていたら、謎の僧「天海」に絡んだ漫画が週刊少年ジャンプでも連載始まっていました。こっちはコテコテのバトルマンガですが、(伊達正宗と戦っていました(笑))
江、天海、長岡、、、このプロジェクト。なかなか時流に乗っているのでは?なんて思う今日この頃。

何しろ「予算」がゼロの、このWeb小説。
プロの物書き先生の小説が無料で読めるこのチャンス。なんとか広めたいのですが、気に入ったらブログ等で紹介いただけるとありがたいです。