2011年3月17日

開発者だからできること。Googleの安否確認データベース

このたびの災害に見舞われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

地震発生直後にGoogleが安否確認用サイトを立ち上げました。未確認ですが震災発生後1~2時間で立ち上がってきたものと思います。
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja
また避難所の安否情報を画像で共有するという取り組み開始されました。
http://picasaweb.google.com/tohoku.anpi

いろいろな思惑もあるのでしょうが、彼らの取り組みの迅速さ柔軟さには頭が下がります。

これらの情報が必要で、かつネットを使える環境の人は限られると思いますので、周りの人がサポートしたりして活用していかないといけませんが、そのためにも情報を集約する事が大切です。

このような情勢では、「自分にできることを」と皆が思います。我々IT関連の業界では「自分たちのチカラを活かして。。。」と考えるのも無理のない事です。
だからといって、俺も俺もと同じようなサービスを開発・公開してしまえば、安否確認サービスが乱立し、本当に安否確認をしたい人にかえって繁雑な作業を強いることになるかもしれません。

そんな事を考えていたら、Googleはやっぱり一歩も二歩も先を行っていました。

安否確認の情報をAPIで提供してくれているのです。
Google Person Finder API のドキュメンテーション(翻訳)
http://googledevjp.blogspot.com/2011/03/google-person-finder-api.html

とても簡単な手順で、person-finderの情報を検索したり登録できるようになっております。

今、自分の技術を活かして何かをしたいと考えているIT開発者のみなさん。
このAPIを活用して、person-finder に情報を集約させましょう。

もっと使い方をわかりやすくしたり、お年寄りや子どもでも使えるインターフェースにしたり。
登録に関しても、デマ情報などをフィルタリングする機能を付けたり、
間口を広げたり、データを精査したり。できる事はたくさんあると思います。

開発者のみなさん、ぜひともこのAPIを利用しましょう。

2011年3月10日

facebookコメントで失敗する

やってしまいました。
先日、興味本位から、ブログのコメント欄をfacebookのソーシャルプラグイン 「Comments」にしました。。。

しかし実際に運用してみると、寄せていただいたコメントが、全てのページに表示されてしまいます。

これじゃあ、記事コメントの意味ないじゃん。

とコードを見直すと、なぜかfacebook DEVELOPERS で発行したはずのコード内で
href=”自分URL”
の部分がすっかり抜け落ちているではありませんか!

本来はそこに、記事のURL(URIかな?)を書くことで、どの記事に寄せられたコメントかを識別している(のだと思う)のに、それが全くないので、何の記事によせられたコメントなのかわからない。。という事。
多分、記事毎にURLが入るようにコードをいじっている途中に、間違ってしまったんだと思う。

と、まあここまでは良かったのだけど、「じゃあ、修正しよう」と、気軽に修正したら、いままで書いていただいたコメントがどこかにいってしまった。。。
記事毎のコメント欄をID化したのだから、考えてみれば当たり前な事です。

今までコメントを寄せていただいた皆様。
申し訳ございませんでした。

今度は大丈夫と思います。
もしお手すきでしたら、またコメントしてやってください。

CSS3とjQueryで丸を動かす実験をしてみた。その2

前回のをちょっと変えてみた。

四角をクリックすると、丸に変わります。
jQueryのanimate関数の練習と思ってたら、よりいっそ気持ち悪い動きになってしまいました。(ほぼ、Google chrome 専用) IEは動かないと思います。

影を付けるのは、まんまだとjQueryだけで対応難しそうだったので、
Shadow animation jQuery plugin
のお世話になりました。

CSS3とjQueryで丸を動かす実験をしてみた。

CSS3の角丸表現と、jQueryとかを合わせると、いろいろできそうだなぁ。。。と思って実験してみました。

四角をクリックすると、丸に変わります。なんか動きが気持ち悪いけど。。

もっとうまくやれば綺麗に変化すると思います。。。

もちろんIEには対応しておりませんので、Firefoxとか、 chromeとかでお願いしますね。

やっぱし、chromeが一番スムーズに動くっぽいですねぇ。

WordPressで下書きプレビューができない

WordPressをいじっていて嵌ったので備忘録

投稿を書いていて、途中でどんなか見てみたかったので「下書きとして保存」をした後に「プレビュー」。
ところが、404.phpの内容が表示されてしまい、下書きが見れない。

「WordPress 下書き プレビュー 見れない」 などのキーワードで検索しいろいろと調べたのだけど、どれも自分の症状とあわなかったり、試しても解決しなかったりで、相当困った。

そこで、他のサーバに全く同じ環境をつくり、一つ一つ原因を検査した結果なんとか解決できた。

続きを読む。。。

2011年3月7日

どこでもアバター:Gravatar

WordPress.orgにて、プラグインを登録したり、フォーラムに参加したりするために、アカウントを取得しました。
すると、自分のアイコン(アバター)が自動的に設定されて、変な宇宙人的な画像に!

それはそれで、とっても素敵なアイコンだったのですが、ちなみにどうやったら変更できるんだろう。。。といじっているうちに

グローバルに認識されるアバターGravatarというものを知りました。
http://ja.gravatar.com/

ここに登録しておくことで、他のアバターとかが必要なコミュニティ的サービスでも同じアイコンが自動的に表示されるようになるというサービス。
SNSとかに登録するたびに、アイコンを設定したりとかが面倒なので、これが広まれば面白いかもね。と思って早速登録してみた。

登録時にちょっと引っかかったので、備忘録

「Gravatar」の新規登録ページに WordPress.com のアカウントを持っている人は同じアカウントでログインできるよ。的なメッセージが書いてあるので、WordPress.org に登録してあるアカウントでログインを試みたがエラーになってしまった。

良く考えたら、 WordPress.com と WordPress.org は別物である事に気づき、無事「新規登録」から登録完了。

そしたら、WordPress.orgのアイコンもめでたく、自分が登録したモノに変わりましたとさ。。。

でも、最初に自動登録された、あの変な宇宙人みたいなイラストがちょっと懐かしい今日この頃。

あれ、どうやったらまたでるんだろ?

2011年3月4日

プラグインディレクトリに登録 / yt_EachUser

先日、恐る恐る公開させていただいたプラグインですが、調子に乗ってWordPressプラグインディレクトリに登録させていただきました。
基本英語のできない私ですが、いろいろな方の情報に助けられて、とりあえずは登録完了。

【参考サイト】
WordPress.orgのプラグインディレクトリに自作プラグインを登録する方法(Windowsユーザー向け、TortoiseSVN使用)

手順を追ってとても丁寧に解説してくださっているので、はじめてのsubversionでしたが、問題なくできたようです。

ただし、やっぱりというかなんというか、英語がわからないので readme.txt が書けません。
頑張ってやっては見ましたが、恥ずかしい事になっていると思われる。今日この頃。

あと、プラグインの名前の付け方とか、いろいろ流儀にはんしている部分もあるやもしれませんが、今後ともよろしく。ということで。

Plugin Directory / yt_EachUser
http://wordpress.org/extend/plugins/yt-eachuser/

2011年3月3日

多言語対応 gettext というモノについて

普段の業務などでは、多言語対応など全く縁の内仕事をしてきましたが、チラホラと海外向けのサイトやら何やらの話が聞こえてきたのと、せっかくプラグインを作ったのだからと、wordpressプラグインのgettext対応に挑戦してみました。

自分の想像では、テキストで対応表みたいのを書くのかと思っていたら、

Poedit というソフトウェアをつかうのね。。
http://www.poedit.net/

でもやってみると、直観的に操作できました。

とくに引っかかるところもなく、普通に対応完了。

多言語対応できました。
http://www.genki-works.com/gw_tools/yt_eachuser-wordpress-plugin-test/

参考書籍:
PHPによるWordPressカスタマイズブック―3.x対応


ちょこちょこ直しているんだけど、バージョン番号を変えたりとかを結構忘れる。
なれないと難しい。

2011年3月2日

yt_EachUser ショートコードに対応

【お詫び】
3月1日の夜、公開したてだというのに、プラグインのダウンロード先リンクが変な場所を指していてダウンロードできない状態になっていました。ごめんなさい。

【バージョンアップ】
少しだけバージョンアップしました。
ショートコードで色々指定できるようにしてみました。
詳しくはコチラ
http://www.genki-works.com/gw_tools/yt_eachuser-wordpress-plugin-test/

wp_list_comments() でコメントが表示されない

ひっかかったので備忘録。
自作テーマ内にコメント欄を設置する際に、index.php や loop.php 内に wp_list_comments(); を書いたのだけどコメント一覧が表示されない。
【解決】
comments.phpの中に wp_list_comments() を書いて、それを comments_template() で呼び出したら、コメントが表示されました。

※comments.php は、twentyten のを参考に、

wp_list_comments( array( ‘callback’ => ‘twentyten_comment’ ) );

wp_list_comments();

に変更したものを、とりあえず使用。

理由は不明。ひょっとしたら、もっと根本的な解決方法があるのかも?
※どうやら、comments_template() は、ただ単にincludeするだけでなく、何か処理をしている。。という事なのだろうと。とりあえず自分を納得させる。

【参考になったページ】
http://wordpress.org/support/topic/have_comments-help
thx!